• レーシック_ImgPic

レーシック難民はなぜおそろしいのか

わたしはかなり目が悪い方ですが、現在は我慢して眼鏡をかけたりコンタクトを入れたりしてしのいでいます。
このままではおそらくどんどん目が悪くなっていくのでしょう。
ですが、どんなにすぐに視力が回復するとしてもレーシックは受けないつもりでいます。
レーシック難民という単語を知ったのはつい最近です。
難民というのでてっきり「レーシックを受けられずに苦しむ目の悪い人」のことだと思いました。
しかし実際にはレーシックという手術により、手術を受ける前よりも視力が悪化するだけでなく、健康まで失ってしまった不運な人のことだと知りました。
身近でレーシックを受けた知人がいます。
知人も長年コンタクトや眼鏡を使い、何とか社会生活を送っていましたがある日突然レーシックを受けることに決めたといいすぐに手術を受けました。
幸い、彼は難民ではありません。
術後の経過もよく、現在も健康に暮らしているようです。
視力は以前は裸眼では殆ど何も見えなかったのが、両目とも2.0になりパソコンのモニタが見づらいといって笑っていました。
このような成功例がありますが、わたしは手術を受ける気が全くありません。
何故なら術後に健康を害する可能性があるかないか、だれにもわからないからです。
こちらに知っておきたいレーシック治療のデメリットというサイトがありますので参考にしてください。
なぜそんな不完全な手術がまかり通るのでしょうか。
でも、わたしにはなんとなくわかります。
なぜなら目が悪いことは生活の一部をとても不便にしているからです。
見えない、見えにくいということは大変に不快なことです。
ものがぼやけるだけでもずいぶん苦労します。
暗闇のように真っ暗になってしまえば不便では済まず、生きていくことがイヤになるかもしれません。


そのような不便さ、不快さから解き放ってくれる手術は大変簡素なようですし、効果も抜群であるともし聞いたら、受けたくなってしまうのは仕方がないと思います。
眼鏡がいらなくなるとしたらどんな顔になるのか、風呂で転んだりつまずいたりする危険性がどのくらい減るのか、自動車や自転車の運転がのびのびとできるようになるのか、などと希望は尽きないと思います。
ですが、レーシック手術が成功したにもかかわらず、現在なぜ難民が生まれてしまうのかということについては明確な答えが出ていないように思います。
単なる個人差なのかもしれません。
それにしても自分の目の代わりはもうほかにはないのですから、絶対に後遺症が出るなどという事態を許してはいけません。
ですが実際にはこうして事後の生活にも困るような健康を害した難民が出ている手術であるわけです。
手術の際もどんなによく麻酔が効いていても、自分の目でものが見えている状態で手術を見なければならないと聞きました。
それほど恐ろしい思いをして得られるのは束の間の視力と、そのあとにくるいろいろな不調です。
現在、難民ははっきりと手術の失敗が原因であると認められているわけではないようです。
失敗するだけでも恐ろしいのに、その後に保障も受けられないのであれば患者が一方的に何かを損失しているとしか思えません。
何が原因でそうなってしまうのか。
レーシックを専門としているクリニックhttp://www.necrotania.com/の数が少ないからかもしれません。
視力は戻るのかもしれませんが、世の中がゆがんで見えるせいでいつも頭痛と吐き気に悩まされるなどの症状が出るなら、それは確かに受けるべきではない手術なのだと思います。
失敗しないためにも病院選びも大切ですよね。こちらにレーシックを受ける病院の選ぶポイントがありますので参考にしてください。