• レーシック_ImgPic

年齢差によるレーシック手術の違いはどこにあるか

近視の視力回復をメガネやコンタクトといった別の器具に頼らず視力を2.0に近づける手術がレーシックです。
メガネなどの別レンズを着用することで焦点距離を調整するのでなく、目そのものをさわる手術です。
実際には、フラップと呼ばれる蓋を角膜の表面に作った後に、エキシマレーザーを照射、それによって角膜の形状を変化させ、近視や乱視や遠視を正常に見える視力にするレーザー手術です。
近視の場合はレンズ自体の厚さを薄くして焦点距離を遠くする調整をしています。
手術後当日は痛みがありましたが、角膜の表面の細胞を傷つけるわけでないため、翌朝からメガネなしで傷みもなくなり鮮明にものが見えました。
その後、健診結果も良好で快適な視力を保っています。
これらレーザー手術は特殊な機械と操作できる眼科医師が必要なため、その高度な機械を設置している専門眼科によって手術は可能で、町中のどの眼科でもできるというわけではありません。
それから視力を回復を望む人の多くは近視なので、その手術が圧倒的に多いです。
近視は、目から見たいものまでの距離が短い状態が続くような状況が日々続くことによって、後天的にレンズの厚みが変形するので、近視は進行します。
特に成長期は進行が速いとされています。
すなわち10代です。
20代30代と進行はだんだん遅くなります。
そのため、この手術を若い時期に受けてもその後近視が進行し、また視力低下がおきてくると再手術が必要になるということも考えられます。
通常の健康な目であれば、最高3回まで手術は繰り返してできると聞いています。
また、レーシックの対象年齢こちらの記事も是非ご覧ください。


私は40代のとき、これがほとんど最後のチャンスかと思ってレーシックを受けたのでしたが、もう少し年齢の高い患者さんもいました。
実際には18歳から55歳くらいまでの人が適した年齢のようです。
レーシックはあくまでも、人工的に強制的に焦点が合うようにする手術であって、目がよくなる手術ではありません。
老眼が進行するという意味は、至近距離に焦点があわなくなってくることで、レンズを調整する筋肉が老化現象によりだんだん、伸びたゴム状態になって、レンズを引っ張ったり縮めたりする伸縮に問題が生じてくることが原因だからです。
レンズそのものの問題ではありません。
老眼レーシックはどうするかというと、左右の目の視力を弱いガチャメ状態に調整する手術です。
たとえば、右目は1.2、左目は0.8ぐらいになるように調整すれば、右目は遠くのものを左目は手前のものをという役割分担で見えるようにするだけのことです。
レーシックによるレーザー手術の操作に違いはありません。
要はどのくらいに焦点を合わせるかです。
近視レーシックが両目2.0に調整するのと、ここだけが若い人の近視と老眼のはいった近視の調整基準の違いです。
以上のことから、手術を受けられる年齢が18歳と55歳の年齢差で、焦点距離をどこにするかが異なってくると考えていいです。
年齢が高くなるほど老眼になることを見越しての調整が必要になるということです。
若い人はレンズを調整する筋肉があるので、焦点距離の近いものに合わせることが可能ですから一律2.0に見えるような調整でいいのです。
こちらのサイトにレーシックの種類をはじめ、手術を受けた芸能人や失敗するとどうなってしまうのかなど載っていますのでご覧ください。http://www.tri-starelectronics.com/