• レーシック_ImgPic

レーシックによる近視の矯正について

レーシックはエキシマレーザーというレーザーで角膜というところを削る手術です。
そのことで目に入ってくる光の屈折率が変わるために目の焦点が合うようになるのです。
近視を簡単に回復できる技術ということで利用者は多く増えている状況です。
始まったのは厚生省に認可された2000年1月からです。
これまでの近視の治療はめがねやコンタクトレンズでした。
新しい選択肢としてレーシックが加わっています。
今後はこの3つが近視治療の柱となっていくのではないでしょうか。
言葉の意味はギリシャ語からきており、角膜をレーザーで削って修正するという意味の言葉を略して言った言葉です。
角膜というのは目を構成する膜であり、最も外側にある組織になります。
色は透明です。
大きさは直径が12ミリ、厚さは中心が約0.5ミリで周辺が約0.7ミリになります。
この中にはレンズの役割をしている水晶体などがあります。
この角膜は目に入る光を屈折させる役割をしています。
近視になるとこの光の屈折によるピントがくるってくるのです。
この近視を矯正するのがレーシックです。
レーシックでは角膜の表面をふたのように削って一度はがしてしまいます。
その後レーザーで角膜の中を薄く削ります。
角膜には神経が無いので痛みを感じることはありません。
終わったらはがしていたふたの部分を元に戻します。
手術が終わるともう視力は回復している状況になります。
入院が必要ないので働いている人でも簡単に利用できるという点が急速に広まった理由ではないでしょうか。
また芸能人の多くが実際に行っており、知っている人が行っていることで安心して行う人が多いように感じます。


レーシックを受けたことでよかった点を説明していきます。
まずはめがねやコンタクトに関する費用が必要なくなりました。
めがねは壊れるため買い替える必要がありますし、コンタクトの場合は消毒液など消耗品に費用がかかります。
これらの費用が必要なくなりました。
またコンタクトでは非常に手入れがわずらわしく感じていました。
正直にいえばつけたまま寝てしまったり、何日もつけっぱなしにしてしまったこともあります。
このようなわずらわしさがなくなりました。
お風呂やプール、海など水の中に入る場合には見えないで困ることが多々ありました。
レーシックにすることで見えるので楽しめるようになりました。
お風呂などでは安全になったように思います。
目が悪いときはお湯の深さなどがわからなくて怖いことがありました。
めがねをしていることが多かったのですが、夏場は多くの汗をかくのでめがねに汗がつくことでぬぐうのが非常に面倒でした。
レーシックをしてからはすぐにぬぐうことができるようになったので作業がしやすくなりました。
まためがねでは正面を見るときはいいですが、下の方を見たりするとピントが合わずに困ることが多かったのを覚えています。
そのようなことはなくなりました。
コンタクトの場合は急に目が痛くなることがありました。
現在はそのようなことはありません。
最近の社会状況を見ていて考えることもあります。
地震がいつくるかわからないということです。
自分が地震の被害にあった場合にはめがねやコンタクトは出来ないような状況に成るかもしれません。
そんなときに自分で見ることが出来れば不安も減るでしょう。
レーシックの種類についてはこちらをご覧ください。