• レーシック_ImgPic

レーシックは近視だけでなく乱視もなおりました

私は視力が悪く、近視だけでなく乱視も混ざっていました。
レーシックというと近視を補正するだけのものと思っていました。
実際に近視クリニックといった名称の眼科で手術が行われているので、近視だけなくなっても乱視が治らなければ意味がないと思い、レーシック手術を受けようという気持ちは全くありませんでした。
しかし、たまたま見ていた雑誌の広告にレーシック手術の中に乱視もOKの文字を見つけました。
そこでインターネットで検索したところ、どちらも角膜で異常屈折によりおきているわけなので、角膜を削って焦点を合わせれば治すことができることがわかりました。
しかも1回の手術で対応できるとのことです。
手術ができて、よく見えるようになるとわかったときからメリットやデメリットをしっかり調べました。
手術の前後で病院のカウンセラーの方が注意点をいろいろ説明してくれたのですが、しっかり調べていた私は理解できましたが、勢いで手術を受けてしまった人は理解できるのか不安を感じました。
手術自体は短時間で終わることですが一生に関わる手術なので、調べられることはしっかり調べておいてよかったと思っています。
手術を受けようと思った後は手術を受ける医療機関を決めました。
金額は大きな要素ですが、手術が成功して視力が回復すればコンタクトやメガネの維持費はすぐに取り返すことができるし、何より生活の質が断然上がるため信頼のおける施設を探しました。
では、コンタクトと比べてレーシックの良いところはどこか?こちらをご覧ください。
その結果、検査や手術、事後検査も事務的ではあるものの逆にそれが特別な手術ではないという安心感に繋がって緊張せずに手術を受けることができました。


レーシック手術は今では国内で年間何十万人と受ける手術ですが、その歴史はまだ30年もたっていません。
乱視に対する手術は更に短く、実際に手術を受ける医療機関を選択するには近視だけに対する場合よりももっと慎重になる必要があります。
私は日本で1、2を争う手術件数を誇る医療機関2か所から疑問に思っていることをしっかり聞いてから決めました。
レーシック手術は一生にかかわることなので、近いからだとか安いからといったことだけで決めてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。
失敗しないレーシックの方法についてはこちらのサイトにかいてありますので参考にしてください。
私の経験的に近視だけの手術であれば、地元の眼科であっても現在は手術件数も多くなっている上、手術後の検査もいきやすいこともあって良いと思いますが、乱視を含んだ手術は全国展開している医療機関の方が手術件数も多く、最新の医療技術や設備が充実しているのでベターではないかと感じました。
地方の眼科では乱視に対する手術自体行われていないことも多いにあります。
手術後半年を経過して、朝目覚めると目がゴロゴロする感じがしたり、目が乾きやすかったりすることはありますが、その感覚も時間が経つにつれて徐々に頻度が減って来ています。
何より最初にメガネを探す習慣がなくなり、生活の質が確実にあがったことを実感しています。
手術を受けた直後ははっきりと見えているのに、メガネをつい探していましたが。
趣味のスキューバダイビングではコンタクトをつけていて潜っていましたが、今ではもちろん裸眼で楽しんでいますし、もしコンタクトが外れたときのことを考える必要がないため以前よりもっと楽しむことができています。
レーシック手術前に気を付けることについてこちらにかいてありましたのでご覧ください。