• レーシック_ImgPic

老眼世代のレーシック手術後の見え方調整について

昨年レーシックの手術を受けました30代後半の女性です。
レーシックの手術を受ける前は中程度の近視で両眼とも裸眼視力は0.2でした。
メガネやコンタクトレンズを常用してたのですが、メガネの煩わしさやコンタクトレンズのケアや買い足しなどが面倒になり、レーシックの手術を受けてみようと決意しました。
 都内の大学病院で手術を受けることになり、手術前に検査と診察で4回ほど通いました。
正直、1回くらい術前検査を受けてすぐに手術を受けるものと思っていたので、ずいぶん念入りにして下さるのだなあと安心しました。
 検査の内容は、視力検査、調節力検査、視野検査、眼圧検査、角膜の細胞の検査、角膜の厚みの検査・・・と多岐にわたり2時間ほどかかりますが、とても丁寧に調べて頂きました。
 レーシックの手術後の見え方は、両眼とも近視を完全に矯正した状態にするものだと思っていたのですが、医師から近視を少し残す方法もあると伝えられました。
近視というのは、言葉の通り近くにピントが合う状態の眼で、もしこのまま全部の近視を治して正視眼にしてしまうと近くのものが見えにくくなます、とのことでした。
 術前検査の中に、視力検査と調節力検査というのがあったのですが、視力検査では遠方視力(5m)と近方視力(30cm)を計測し、調節力検査では、完全矯正状態でどのくらい近くのものにピントを合わせる力があるかを調べていたのだそうです。
そしてその結果、私は近視のために遠方は見えにくいが近方は見えやすい状態で、若い人よりも調節力が低下している(つまり老眼)とのことでした。
 私のような目の状態の場合、近視をすべて矯正してしまうと、近くを見るときに老眼鏡が必要になるが、近視を少し残すことで遠方は今よりもやや見やすくて近方も将来的にも老眼鏡なしで過ごすことが出来るようになるということでした。
但し、その際の遠方の視力はだいたい0.6程度に設定されるということでした。


 裸眼視力が0.6ということであれば現在の裸眼0.2よりは見えていますし満足できるのでは、と提案されましたが、私はメガネやコンタクトレンズなしで車の運転をしたり映画を見たりしたかったので、最初に考えていた通り両眼とも1.2見えるように合わせて頂くように希望しました。
 その後再び視力検査に戻り、コンタクトレンズを使用して擬似的に両眼とも1.2の状態(近視を完全に矯正した状態)を体験させて頂き遠方と近方の見え方を確認しました。すると、近方を見ると疲れるように感じましたので、片眼1.0に落としたところ、近くを見るのに先ほどより疲れないように感じ、遠方の見え方も満足のいくものでしたのでそのように合わせることになりました。
但し、現在はまだ30代なので調節力が残っているので片眼1.0に合わせても近くの物を見ることが出来ますが、年齢を重ねていくと将来的に近くを見るときには老眼鏡が必要になりますと説明を受けました。
 レーシックでは、角膜の上層部にフラップといわれる蓋を作り、その下の中間層をレーザーで削ることで近視を矯正するのだと説明を受けましたが、そのような方法でこれほど細かい度数設定が可能なのだと知り驚きました。
 手術後、定期検査では術前に説明を受けた通り片眼1.0、両眼で1.2となっており遠方も近方も快適に見えています。
10年後くらいには老眼鏡が必要になると説明を受けて納得して手術後の見え方を決めましたので、年齢を重ねて老眼鏡が必要になったときにも焦らずに準備できそうです。
とりあえずしばらくはメガネなしで快適に過ごすことが出来て嬉しいです。
 今回は、自分の意志で遠方の見え方を重視して合わせて頂きましたが、医師に他の方法(近視を少し残して近くの見え方を考慮する方法)もあるときちんと説明して頂き納得して手術を受けることができ感謝しております。